セミナー・執筆

  


平成21年
税制改正と新会計基準
〜上場企業グループに関係する来年度の税制改正と新会計基準のポイントをわかりやすく解説〜

講師 足立 好幸 公認会計士・税理士/税理士法人トラスト パートナー・COO
新日本監査法人出身。新日本監査法人にて監査・上場支援等に従事した後、税理士法人トラストを設立する。税理士法人トラストでは、「企業価値向上のための税務」を主業務として上場企業グループに専門・特化。近年では、上場企業グループの「M&A税務」や「事業再編税務」、「連結納税」に多く関与している。また、国内案件1号の「全部取得条項付種類株式割当方式」によるファンドと上場会社の「MBO税務」にも携わった。外部主催のセミナー・執筆実績(JICPAジャーナル「わが国への連結納税制度導入に関する問題点について」、R25、企業経営「Management Now」等)が多数あり、「上場企業の実例を利用したシミュレーションによる分析」に定評がある。
日時 3月17日(火)13時30分〜16時30分
東京会場
3月19日(木)13時30分〜16時30分
大阪会場
場所 東京会場 東京都港区海岸1-2-20 5F
潟vロネクサス セミナールーム
大阪会場 大阪市中央区北浜1-8-16 10F
大阪証券取引所ビル
受講料 一般 7,350円
対象 経理部及び税務担当者
定員 東京80名
大阪30名

 

セミナーの内容  
趣旨及び特徴  
来期から何がどう変わるのか?自社に影響はあるのか?
を新会計基準と税制改正の両面から解説します。
税制改正では平成21年度税制改正のうち、上場企業グループに関係する改正点に絞って解説します。また、会計では、来期より強制適用される新会計基準はもとより、来期より早期適用が可能な会計基準も含めて解説します。
以上より、本セミナーでは、新会計基準や税制改正大綱の基本的な内容を把握することで、新会計基準や税制改正が自社の財務にどう影響するのか?あるいは影響しないのか?を確認することができます。
(セミナーのポイント)
  • 来期から適用となる税制改正と新会計基準を解説するセミナーです。
  • 改正の概要とポイントを短時間でテンポよく解説します。
  • 平成21年度税制改正を上場企業グループに関係する改正点に絞って解説します。
  • 来期より早期適用が可能となる新会計基準も解説します。
  • 所得税関係の税制改正、既存の会計基準の見直し等は本セミナーの対象外となりますのでご留意ください。(例えば、給与関係の税制改正、金融商品会計基準など)
  • プログラム  
    13時30分〜15時(税制改正編)15時〜16時30分(新会計基準編)
    1.平成21年度税制改正
    @企業税制関係
    〜中小企業の減税対策に係る改正は上場企業グループにも関係するのか?
    A国際課税関係
    〜海外子会社からの配当の益金不算入制度
    Bその他
    2.新会計基準
    @工事契約に関する会計基準(ソフトウェアの受注制作の会計処理を含む)
    [平成22年3月期より強制適用]
    A賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準(案)
    [平成22年3月期より強制適用]
    B資産除去債務に関する会計基準
    [平成22年3月期より早期適用可]

     


    このページの先頭へ